スカイラインGT-R伝説

スカイラインGT

Add: otifoju13 - Date: 2020-12-15 14:18:21 - Views: 9411 - Clicks: 5809

日産・スカイラインgt-r(bnr34) ボディカラー:ベイサイドブルー 黒い悪魔とバトルをした一台。途中までは先頭を走っていたものの、前に出られた際にスピンを喫し、単独事故を起こす。ドライバーの描写は無し。 スタッフ. 「ハコスカ」という愛称は海外でも認知され人気となっており、希少価値に加えて海外においても取引され価格は全般的に上昇し続けています。 オリジナルの個体は「GT-R」くらいで、「GT」、「GT-X」などは「R仕様」にカスタマイズされた個体が多いです。またオリジナルの「L20」エンジンから「L28」エンジンに載せ替え、ボアアップ、キャブレターやタコ足、マフラーなどチューニングされた個体が多いのも特徴です。当然ですがフルレストアされている個体も多いもののデビューから50年以上も経過しているために維持するための費用を十分に考慮しておく必要があります。そして、バン、エステートなどのショートノーズモデル(G型エンジン搭載)は、市場における流通量が非常に少なく「ハコスカ」シリーズの中でも希少モデルとなっています。 1. 【スカイラインgt-r編】 写真:谷井功 文:清水雅史(モンキープロダクション) 協力:日産. 10代目R34型スカイラインは、R33型で大型化したボディが不評だったため、ホイールベースを短くしスリムになったボディに、エンジンはRB20DE型、RB25DE型、RB25DET型を搭載し、RB26DETT型を搭載したGT-Rも登場。 二世代目最後となったR33型GT-RのVスペックには、18インチホイールのほか、ゲトラグ社の6速ミッション、ブレンボ製のブレーキを搭載し、豪華なものとなりました。. 25 UP 伝説のスカイラインGT-R、フェアレディZを生き返らせる巨匠. 6Lにしました。 最高出力は280PS、最大トルクは36. 8代目スカイラインR32 前期型4ドアGTS-t 8代目スカイラインGTS-t 4 後部座席が狭いのが難点 日産901運動の最重要車種と位置付けられ、最先端のマルチリンク・サスペンションを前後ともに採用。2ドア全長4530mm、4ドア4580mmと先代からボディサイズを大幅短縮し「走りのスカイライン」へ原点回帰。16年ぶりGT-Rのパフォーマンスも圧巻。.

海外からの刺客として圧倒的な強さを誇ったポルシェ・904に対して、国産車勢で唯一デッドヒートを繰り広げ、一時は904を抜いてトップを走り、 「かなうはずのない一流のスポーツカーの前を国産車が走っ. 5代目スカイライン(通称ジャパン)直列6気筒エンジン搭載GT-EL 通称ジャパン。ロングノーズ&ショートデッキに、ケンメリGT-Rの丸型4灯テールランプを継承。直6のGTと直4のTIが存在。走行性能よりも乗り心地の良さが話題に。歴代2位の販売台数だが、DOHC搭載のセリカに「名ばかりのGT」と挑発された。 日産3車種目のターボ採用車スカイラインターボGT-ES 1980年にターボエンジン搭載スカイラインターボGT-ESを追加。DOHCエンジン搭載(ターボ未設定)のセリカに「名ばかりのGT」呼ばわりされたお返しに「今、スカイラインを追うものは誰か」のキャッチを採用。. Hから始まる形式は、直列6気筒2Lエンジン搭載モデルです。グレード名がGTからモデルは、全て2L以上の排気量です。 GTEに用意されたRB20Eエンジンは、SOHCバージョンで最高出力は125馬力です。GTSに搭載されるRB20DEエンジンは、DOHC化されており155馬力を発生させます。このエンジンは、乗りやすさに定評があります。GTS-tグレードにはターボチャージャー付のRB20DETエンジンが用意され、最高出力は215馬力です。 HCR32型は4輪操舵機構のSUPER スカイラインGT-R伝説 HICASを搭載しています。SUPER HICAS搭載グレードが充実していたため、非搭載のHR32型はきわめて希少です。HNR32型は4WDモデルで、BNR32型スカイラインGT-Rとパーツの互換性が高いことも有名です。また、HNR32型には全てSUPER HICASが搭載されています。 CARTUNEにはHCR32型の記事もありますので、合わせてごらんください。. 3代目スカイライン 1500デラックス 3代目スカイライン リアから見ると箱型のスタイルがよくわかる 3代目スカイラインGT-X ボディタイプ豊富だが、セダンは箱型デザインから「ハコスカ」の愛称あり。キャッチコピーは「愛のスカイライン」。発売当時の基本はプリンス製1. 6/28(日) 12:00 配信. 年10月24日、「nissan gt-r」が発表された。注目すべきトピックスは幾つかあるが、その中のひとつが、スカイラインの1グレードである「日産 スカイライン GT-R」から、ひとつの独立した車種である「日産 GT-R」へと変革を遂げたことだ。.

1990年代までに技術の世界一を目指すという日産の901運動が反映された8代目 R32型は超感覚スカイラインと呼ばれました。 ボディは4ドアと2ドアに絞り込まれ、エンジンはRB型を搭載、中でも、RB26DETTが搭載されたモデルがGT-Rのネーミングで登場。 ケンメリ以来となるGT-R復活に、スカイラインのファンは注目しました。 R32型のGT-Rは、全日本ツーリングカー選手権への出場をもくろみ、排気量もレギュレーションに合わせ、2. あわせて読みたい記事:【ハコスカ/S30Z】SEMAショーでの注目された旧車 国産旧車の中でも王道といえるのが「日産・スカイライン(ハコスカ・ケンメリ)」シリーズにおける「GT-R仕様」のカスタムでしょう。まずはエンブレム変更に始まり、グリルの変更やオリジナルのサーフィンライン(リアフェンダー)のカットにオーバーフェンダーの装着、クリアガラスの変更といった感じにカスタマイズされている個体が多いのではないでしょうか。もちろんベースモデルはレースモデルのレプリカですから2HTや前期4ドアモデルかもしれません。またパーツの供給からエンジンはRB系に載せ替える個体も多いです。街道レーサー仕様のカスタマイズでは、「高橋国光」仕様のワークスカラーリングワークス、オーバーフェンダー、ビタローニミラー、チンスポイラー、板バネのリアスポイラー、バンパーレスにオイルクーラー、鉄チンワイドホイールが定番スタイルかもしれません。ゼロヨン仕様やストリート仕様、サーキット仕様などは、エンジン載せ替えによりL28エンジンにソレ、タコ、ディアルというキャブレター、エキゾーストマニホールド、マフラーの変更が定番で、ボアアップ、ハイカム、ピストン、クランク、フライホイールなどエンジン内部にチューニングを施しR200デフやトランスミッションなどもカスタマイズしている個体も多いです。最近では、パーツの流通の面やメンテナンスの面などからエンジン制御システムは、キャブレターからインジェクション仕様へ変更し「RB系」エンジンを搭載したり、日産に拘らずエンジンやパーツを流用している個体も増えてきているようです。また「GT-R」は、希少価値の観点からもオリジナルの個体が多いのも特徴でしょう。. スカイラインgt-r 生誕50周年記念 特別企画展 開催 年10月12日(土)- 12月1日(日) r32・gt-r伝説 ~ r32・gt-r legend ~ 年で生誕50周年を迎えた「スカイラインgt-r」。 この記念すべき年に、日本自動車博物館では、 ~ スカイラインgt. これまでレース界には、それまでの常識を変えてしまうほどの強さ・速さを誇ったマシンが数多く登場してきました。このシリーズで取り上げるのは、そんな最強のクルマたち。今回紹介するのはスカイラインGT-R"グループA仕様"です。全日本ツーリングカー選手権において、デビュー以来29連勝. 初代プリンス・スカイラインALSID-1 プリンス・スカイラインALSID-1のリア 富士精密工業(後プリンス自動車)より発売。1. gt-rのrはレースを指し示しているのですが、まさにレース直系と言えるgt-rです。ちなみにエンジンの出力は160馬力でした。 上の画像は当時のスカイライン gt-rのカタログのもので、ハコスカgt-rの隣には同じ心臓を持つr380の姿があります。. 概要 “gt-r”の歴史は、ツーリングカーレースで活躍した先代プリンス・スカイラインgt-b(s54b-ii型)の後継車として、1968年(昭和43年)10月開催の第15回東京モーターショーへ「スカイラインgtレーシング仕様」を出品したことに始まる。.

生産数約200台足らずの伝説の名車「ケンメリGT-R」を再現できる『週刊 NISSAN スカイラインGT-R KPGC110 ケンメリ』が創刊!定期購読特典などもチェック!. GT-R(2HT / 4Dr):1,500万円~ASK(平均相場:2,000万円前後). スカイラインgt-r「ハコスカ」の伝説をひもとく充実のビジュアル・マガジン・コンテンツ! 観衆を沸かせた数々の名勝負、開発者たちの熱い物語を追って「ハコスカ」伝説を検証するほか、マシンのメカニズムも徹底解説。. 7代目スカイライン セダン 7代目スカイライン クーペ 発売当初はハイソカー路線を打ち出すも、不評のためモデル途中でスポーツ路線へ回帰。売り方は間違えたものの、RB20DET型エンジン搭載、世界初の4輪操舵システムハイキャスの採用、空力CD値の大幅向上など、新技術を多数採用していた。 スカイラインGTS-R 欧州ツーリングカー選手権出場車(1988) スカイラインGTS-R リアビュー 1987年にクーペに追加されたスカイラインGTS-Rは、800台限定でレースのためのホモロゲ―ションモデルとして生産。6代目に追加されたターボRSに続き、「GT-Rに最も近いモデル」と評されるが、復活はR32と決まっていたため名乗らず。.

大ヒットしたR32型の後継モデルとなる9代目R33型スカイラインは、全てのグレードが3ナンバー枠となり大型化。 それにともない排気量をアップしたRB25DET型やRB25DE型も搭載され、サスはマルチリンクを採用、RB26DETT型が搭載されたGT-Rも登場。 RB26DETT型は、過給圧を上げて大型化したボディに対応しました。 R32と同等以上のスペックながら、大型化したボディのせいか、残念ながら販売は伸びませんでした。ただ、チューニングのベース車両として今もなお高い支持を受けています。. 俳優のポール・ニューマンが広告で登場したことから、ニューマン・スカイラインと呼ばれた6代目 R30型スカイライン。 1981年の発売当時は、C210型と同じように、グレードTIとグレードGTが用意されL型とZ型のエンジンを搭載。 FJ20E型エンジンを搭載した追加モデルとして登場し、GT-R復活か?という噂が広がりましたが、FJ20E型エンジンは4気筒であったため、RSというネーミングとなりました。 後に、FJ20E型エンジンにターボをつけたモデルがターボRSというネーミングで登場し、190psという高出力を絞りだしました。 1983年、マイチェンによって、フロントグリルが無くなり、鉄仮面という愛称で呼ばれるようになりました。 スカイライン スーパーシルエットとよばれるレース用の車両も開発され、数々のレースに参戦。. 勝利のために蘇った伝説のgt-r. GT・GT-X(4Dr):350万円~ASK(平均相場:450万円前後) 4.

日本はもとより、海外でも人気のbnr32型スカイラインgt-r(通称:r32gt-r)。 デビューから30年以上が経過した今でも、gt-rといえばr32を強くイメージする方も、少なくないと思います。. 00kgf·mを誇り、当時としては、圧倒的な動力性能でした。 RB26DETTのハイパワーを余すことなく路面に伝えるためにATTESA E-TSを採用し4WD化。 専用16インチアルミホイールをはじめ、拡幅されたフェンダー、アルミ製のボンネット、専用のフロントバンパー、リヤウイングを採用。 R32型のGT-Rは、全日本ツーリングカー選手権で29連勝という偉業を達成、スカイライン伝説の復活となりました。. 中古車市場でも圧倒的な高値で売買されるという日産のr34型「スカイラインgt-r」。1990年代に発売され「スカイライン」シリーズでは最後の直列6. 5Lクラスのファミリカーとして舵を切った2代目スカイライン。ボディサイズ縮小、車両重量も1トン前後と大幅に軽量化。「メンテナンスフリー」を合言葉に、信頼性の高さをPRした良車。 元祖「羊の皮をかぶった狼」スカイラインGT S54型 1964年にホモロゲ―ションモデル「スカイラインGT」を100台製造。日本GPでポルシェ904を抜き去り、スカイライン伝説が開幕。翌1965年には最高速度180km/h、フロントディスクブレーキを標準装備したGT(通称スカG)を発売。 なお、プリンス自動車は1966年に日産と合併したため、1966年8月以降は「ニッサン・プリンス・スカイライン」が正式車名となります。.

スカイラインgt-rは無敵の強さで連勝を重ね、いまでは伝説にまでなりました。 そうして役目を終えたスカイラインGTS-Rには、実はもうひとつの. 1989年から1993年まで販売されていた8代目R32型は、扱いやすいボディサイズと洗練されたデザインのために、歴代モデルの中でも極めて高い評価を得ています。日産自動車が進めていた「1990年代までに技術の世界一を目指す」901運動の重要車種として、基本性能が磨き上げられました。完成度が高い走行性能もまた、R32型の魅力の一つです。なお、親しみを込めて「サンニー」や「アールサンニー」と呼ばれることが多いです。 後継のR33型以降は大型化され、スカイラインらしいスポーツ性能が低下しました。比較的評価の高いR34型も3ナンバー化されたボディゆえに、敬遠するユーザーが一定数存在します。年登場のV35型以降のスカイラインは、V6エンジンを搭載した高級志向の車とされたため、古くからのスカイラインを知るユーザーからは認められないという一面がありました。 スカイラインらしさを保ったR32型は、間違いなくスカイラインの歴史に残る一台です。. 5秒という記録が残っており、国内最速といわれていました。 レースで活躍するジャパンの勇姿は、あまり記憶に残りませんが、テレビ番組や漫画に登場しました。 例えば、石原裕次郎や渡哲也などが出演したテレビ番組・西部警察にマシーンXとしてジャパンが登場。 漫画・シャコタン☆ブギやよろしくメカドックでも登場しました。 排ガス規制によって、発売当時はターボモデルの採用はありませんでしたが、GT・ESの登場でスポーツ志向が増しました。. 「スカイラインgt-r」パトカー 伝説の直6エンジンを積む希少車のいま /08/06 06:00 旭日章(警察章)が取り付けられたR34型「スカイラインGT-R」パトカーのフロントグリル(年1月、柘植優介撮影)。. 2代目プリンス・スカイライン 1500デラックス 高級車路線をグロリアに任せ、1. 1989年に登場し、16年ぶりのgt-r復活となったスカイラインgt-r(bnr32)は、 レースで勝つために生まれたクルマです。専用に開発された2.

4代目スカイライン(通称ケンメリ)ハードトップGT 通称「ケンメリ」で爆発的人気を誇った4代目スカイラインGT 丸形4灯式のテールライトを持つケンメリ 流線形のエクステリアが美しい ケンメリのインテリアは当時の最先端をいく C110型スカイラインはガソリンキャップにもこだわりをみせる 大人のロマンチックカー路線で大ヒット。愛称ケンメリは、CMで2人の男女、ケンとメリーがスカイラインで日本を旅する光景を描いたことから。4ドアセダンは「ヨンメリ」とも呼ばれる。総生産台数67万台越えで歴代最高の販売台数を記録。. See full list on ssk1010. 製作:酒匂暢彦; 企画:新田博邦. 70年式 日産 スカイライン gt-r 4ドアのハコスカgt‐rを旧車専門店に持ち込んだ中垣さん。クルマを見たショップの社長の口から返ってきた言葉は――「社長が『これ、本当にレストアするの』と聞いてきました。. スカイラインgt-r伝説 出版社: 宝島社 ISBN:発売日: /11/29 定価: ¥2,619 本・音楽・ゲーム 本. See full list on magazine.

スカイラインgt-r 栄光の軌跡と国産最強最速の称号を持つ伝説のスポーツカー「gt-r」。その栄光に包まれた名車の真実の魅力に迫る取材記録映像の傑作。ハコスカgt-r(pgc10&kpgc10)から幻のケンメリgt-r(kpgc110)まで、熱きユーザー達の愛車群を紹介する。. 数々の記録を打ち立てた日産 BNR32型スカイライン GT-Rは、伝説の名車として讃えられる日本を代表する車です。R32 GT-Rが伝説の車とされる理由を解説。また、カスタムや中古車情報、維持する際の注意点などもお届けします。. 時間が経つに連れてgt-rの伝説は拡大. See full list on streetchic. . GT・GT-X(2HT):385万円~ASK(平均相場:650万円前後) 3. スカgマニアじゃなくても欲しい伝説のマシン【option 1987年10月号より】 公開日 /10/22 12:03 最終更新日 /10/22 12:45.

5Lエンジン搭載モデルです。ER32型はSUPER HICAS非搭載モデルです。ECR32型はSUPER HICASを搭載しています。どちらもRB25DEエンジンで最高出力は180馬力です。 後継のR33型スカイラインでは2. ハッチバックが初設定された6代目スカイラインR30 6代目スカイラインハッチバック1983年式 サーフィンライン廃止、初のハッチバック設定、ボディサイズ縮小、「R」の新型式となり、大きな転換期を迎えた6代目。ポール・ニューマンを広告起用したため「ニューマン・スカイライン」の愛称がつく。直4最強「RS」も登場。 6代目スカイラインターボRS(通称:鉄仮面) 1981年直列4気筒4バルブDOHCエンジンを搭載した「RS」が追加。GT-Rこそ名乗らなかったものの、83年には「ターボRS」を追加。190PS/23. その通り、gt-rは当時、世界で一番技術的に進化したスポーツカーだった。 レースカーをベースにした市販車のツインターボの直6エンジン、秀逸の4WDと後輪ステアリング、世界一のコーナリング性能は話題を呼び、伝説になった。. ハコスカ、ケンメリに続く、5代目スカイラインC210型は1977年に登場。 SKYLINE JAPANというキャッチコピーからジャパンという愛称で呼ばれていました。 発売当時は4ドアと2ドア、バンタイプのボディに、L型エンジンを4気筒、ITグレード6気筒をGTグレードに搭載。 フロントサスは、マクファーソンストラット、リヤサスはGTグレードにセミトレーリングアーム、ITグレードに4リンク式を採用しました。 ジャパン・ターボと呼ばれるGT・ESは追加モデルで登場。 ターボを付けたL20ET型エンジンを搭載し、最大出力は145ps、最大トルクは21. スカイラインGT-R伝説 10代目スカイライン1988年式セダン R33からボディサイズをセダンで15mm、クーペで60mmコンパクト化。スポーティーな仕上がりだが、シートの質感が非常に高い。海外でも高い人気を誇る。ワイスピ劇中車だが、ポール・ウォーカーはプライベードでも所有。最後のストレート6モデル。. 0kgmを発生。 0~400mの加速は約16.

「スカイラインgt-r」パトカー 伝説の直6エンジンを積む希少車のいま 現在JavaScriptが無効になっています。 Carview! ボディサイズを拡大したR33スカイライン 走りの良さで人気だったR32だが、4ドアセダンですら後部座席の狭さが指摘されていたため、改善を目指したR33。ホイールベースを延長し、全車3ナンバーへ。グランドツーリングカーとして快適性が大幅向上。4気筒エンジンは消滅。. 1800シリーズ(2HT / 4Dr):150万円~ASK(平均相場:200万円前後) 2.

70年式 日産 スカイライン gt-r オーナーの中垣幸春さんは、約7年前にこの4ドアgt‐rを手に入れた。知り合いの会社の駐車場でビニールシートをかぶされていたハコスカを見つけ、その会社の社長を通じてオーナーと交渉して譲ってもら. スカイラインgt-r、初代ハコスカの時代から現在のr35gt-rにいたるまで、心に刻まれた数々の伝説があるからではないでしょうか. nissan gt-rの公式サイト。コンセプトは「究極のドライビングプレジャーの追求」。そのコンセプトの実現のために、どこまでも理想を求め続けるプレミアム・スーパースポーツ gt-r。.

. See full list on cobby. 今でこそ「GT-R」は、日産GT-Rとして車名化していますが、もとはスカイラインのグレード. コンセプトカー・XVLが11代目のV35型スカイラインとして年に登場。 エンジンも直列6気筒のRB型から、V型6気筒のVQ型に変更されました。 マルチリンクのサス形式はR34型と同じですが、マニュアルの設定は無く、4速、5速オートマチックミッションだけとなりました。 デザインやエンジンががらりと変わったV35型の登場で、スカイラインファンの心が離れてしまったのでしょうか「走りのスカイライン」としてはここで終着駅を迎えたよう言われています。 しかし、スカイランVQと呼ばれローダウンのベース車になったり海外で高い人気を得るなど形を変えてスカイラインという名の道を進んでいます。. 『走る伝説』 日産 スカイラインGT-R 品川鯖さんの口コミ・評価 -Yahoo! 1985年に登場した7代目となるR31型セブンス・スカイラインは、直列6気筒DOHCRB20DET型エンジンを搭載。 このエンジンが搭載されたことで、GT-R復活の序章となります。 更にセブンス・スカイラインでは、ワゴンボディを採用したGTパサージュターボを追加し、スポーツワゴンの先駆けとなりました。. 「ハコスカ(C10系)」は、1968年8月のフルモデルチェンジでデビューしています。日産との合併後初めて新規発売されたモデルとなっています。「羊の皮を被った狼」として「スカイライン神話」となった「S54B:スカイライン GT-B」の後継として登場し、「GT-R」においては、レーシングエンジン直系の「S20」エンジン搭載、モータースポーツにおいては49連勝という金字塔を打ち立てた。ネーミングとしては、当時のツーリングカーのことをハコと呼んでいたことから「ハコスカ」と呼ばれるようになりました。エクステリアデザインから「ハコスカ」と呼ばれるのも理解できます。 当初のグレード展開は、スタンダードとデラックスのみでした。1968年10月に直列6気筒エンジン搭載のGT(GC10型)を追加。S54型同様、フロントノーズを延長しているが、S54型と違い、開発当初から6気筒化を配慮した設計構造とデザインを備えており、6気筒モデルの方がバランスの整ったエクステリアデザインでした。.

スカイラインに搭載されたL型、FJ型、RB型といったエンジンは日産が誇る高性能な直列型エンジンでした。 ただ、時代に流れによって、スカイラインもV型エンジンを採用され、少し残念な感じはします。 しかし、GT-Rというネーミングは年からスカイラインから離れ、今もなお独自に進化しています。. 5Lクラス最速。グレードはスタンダード93万円とデラックス120万円の2種類。 プリンス・スカイライン・スポーツ(クーペ) 1957年に登場した初代スカイライン。1962年には日本初のスペシャルティカー「スカイライン・スポーツ」を追加。クーペ(185万円)とコンバーチブル(195万円)を追加し、コンバーチブルは『ウルトラQ』劇中車に採用。. r34スカイラインgt-r誕生物語 伝説の名車を「伝説」にした「神の声」とはr34の素晴らしさをその誕生から紐解いていく。 さらに自動車メーカーのエンジニアだった筆者が、R34の開発に携わっていたテストドライバーの方から伺った話をもとに、振り返っていく。. story of skyline gt-rスカイラインgt-rの伝説 “ケンメリGT-R”の愛称で親しまれるスカイラインGT-R(KPGC110 型)の歴史や開発経緯、また、設計秘話などを詳しく紹介します。. 現在においては世界的なスーパースポーツマシンとなっている「日産・GT-R」のルーツは、50年前に始まった。そのルーツの初代モデルとなる「スカイライン」の「GT-R(PGC10型:4ドアモデル)」は、1969年に「通称:箱スカ」としてデビューしました。シリーズとしては3代目「スカイライン」にあたり、ベースグレードは直列6気筒SOHCでしたが、「GT-R」は「S20型」エンジンを搭載したグレードとして登場しています。実は初代「GT-R」登場の背景には、先代モデルの2代目「スカイライン GT-B(S54B型)」にさかのぼります。「スカイラインGT」は1964年にツーリングカーレースのベースモデルとして開発されたマシンでした。その後、市販モデルとして1965年に登場した「スカイライン(GT-B:S54B型)」の後継モデルとして、3代目「スカイライン」にレース仕様の高性能グレード「GT-R」を登場させたことがはじまりです。.

。 Chapter 世界で偶像化されるGT-R. 27 戦前の「フェートン」からレーシングカー「R91CP」まで7台の「伝説の名車」を紹介する。. GT-Rが生まれた背景は、1964年に開催された、 第2回日本グランプリでの2代目スカイライン「GT」 の活躍でした。. 伝説のスカイラインgt-r、フェアレディzを生き返らせる巨匠 車のエンタメ.

スカイラインGT-R伝説

email: nogewo@gmail.com - phone:(301) 545-2709 x 4666

海上自衛隊「ひゅうが」型護衛艦<増補改訂版> 新シリーズ世界の名艦 -

-> ワインの涙 - 城アラキ
-> 住まいのまちなみを創る - 住宅生産振興財団

スカイラインGT-R伝説 - 糖尿病いま注目の最新


Sitemap 1

いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい! - 米山公啓 - NHKスペシャル取材班 米中ハイテク覇権のゆくえ